食べ物の味や質を求めるのは、昔からの日本人の特徴です。日本人は食事にうるさいことで有名ですが、少しでも質が良いものそして少しでも新鮮なものを求めていきます。結果的に、質の高いものを販売する業者が増える傾向にあります。その一方で、時代が不景気ですので、安いものを大量に購入しようと考えている人も少なくありません。たいていの商品は、一つだけ購入するよりも、29個や30個を同時に購入した方が安くなるものです。そこで、魚を購入する場合も、大量に購入する傾向が出てくるでしょう。つまり、業務用の商品は非常に目玉商品と言えます。もともと業務用の商品は、お店などに販売するためのものでしたが、最近は業務用スーパーなどができており、個人単位でも気軽に購入することができるようになりました。結果的に、欲しがっている人が業務用の商品を手に入れることができます。
ただし、魚の場合は少し問題があります。なぜなら日持ちしないからです。例えば大家族でわずか2、3日のうちにすべてを食べてしまうのであれば別ですが、普通の家庭であれば大量に魚を購入しても食べきれずに捨てなければならなくなるのがおちです。それならば、いくら安く購入したとしても意味がありません。そこで、魚を購入する時も、保存がきくものを購入する傾向もあります。逆にいえば、ビジネスをする場合も個人客を狙うのであれば業務用の魚でしかも保存がきく丸干しの魚などを販売してもよいでしょう。ある程度保存がきけば、大量に購入してくれる可能性が大きいです。例えば天神で魚を販売する場合には、店舗を構える必要がありますが、可能なかぎり表通りの目立つところで販売した方がいるでしょう。そして重要になってくるのが駐車場です。基本的に自転車で来る人は少なく、業務用の商品を購入する人は大量に購入するため車でお店に来ることが多いです。天神は土地がやや高いですが、しっかりとした駐車場設備を備えておくことで、お客さんを呼び寄せることが可能になります。
ビジネスは、インターネットでも行うことが可能です。インターネットで行うビジネスは、基本的に通信販売になります。この場合は、店舗の販売と同時にインターネットで販売すれば、天神の近くだけではなく全国を相手に商売することができるでしょう。卸売業者のルートも確保しておく必要があります。業務用の丸干し・ひらきとその他を扱う業者を見つけておきましょう。