魚の種類はいろいろとあります。料理をするときにはあらかじめレシピをしっかりと確認してレシピにあった種類のものを選びます。普段はスーパーで購入することが多い人でも高級な魚や珍しいものなどを購入するときには専門店などを利用することがあります。業務用のちりめんとその他を購入するときには専門店や大型のスーパー、市場などを利用するといいです。
専門店や市場では新鮮なものを購入することができますし、プロから料理のアドバイスをしてもらうこともできます。いろいろな調理方法やレシピがあるので自分が挑戦したいものを作ってみるといいです。

魚の調理方法では照り焼きもおすすめです。
鰤のたっぷり生姜照り焼きはお弁当にもおすすめのレシピです。材料は1人分で、ブリの切り身1切れ、ししとう6本から8本、生姜2分の1個、塩を適量、コショウを適量、小麦粉を適量、油大さじ1、調味料としてしょうゆ大さじ1、酒大さじ1、みりん大さじ1、砂糖大さじ1、おろし生姜または生姜チューブ大さじ2分の1から1を用意します。調味料は1対1対1対1で考えて用意しておくといいです。
ブリの切り身に塩を振って水分が出たらキッチンペーパーで拭き取っておきます。その後コショウを振り、小麦粉をまんべんなく両面に付けましょう。生姜を半分スライスし、残りをすりおろします。合わせ調味料をつくっておくといいです。フライパンに油を敷いて、鰤、スライスした生姜を焼いていきます。鰤が両面焼き色がついたら、調味料を加えてフライパンを揺すりながら鰤と絡めていきます。そこにシシトウも加えて軽く焼いたら出来上がりです。

メカジキの照り焼きもおいしいです。
材料は4人分で、メカジキの切り身4切れ、みりん大さじ4、酒大さじ4、しょうゆ大さじ2を用意します。はじめに冷たいフライパンにメカジキを入れて、みりん、酒、しょうゆを入れます。しっかりふたをしたら、弱めの中火で3分、裏返して3分蒸し焼きにします。メカジキが白っぽくなったらひっくり返す目安です。火が通ったらふたを取って、タレを煮詰めるように加熱しながらメカジキにタレをからめます。この時焦がさないよう注意しましょう。ちょうど良い照りが出たと思ったら、皿に取って上から残ったタレをかけて出来上がりです。
火力が強いとタレが焦げてしまうので注意して調理することが大切です。調理時間は大体7分ほどなので簡単でおいしいものを作ることができます。